プラズマローゲンはパーキンソン病に有効?

プラズマローゲンサプリは認知症予防に効果的である事がわかっていますが、パーキンソン病にも有効でしょうか?

 

パーキンソン病は主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患です。日本にはすでに10万人以上の患者がいると言われています。

 

プラズローゲンサプリメントとパーキンソン病の関係を調査したところプラズマローゲンは高純度のサプリであることから、認知症だけでなく、アルツハイマーやパーキンソン病にも効果を期待できる事がわかりました。

 

パーキンソン病患者

プラズマローゲンサプリは、脳内の神経炎症を防ぎ、たんぱく質のアミロイドβの蓄積を防ぎ、年々減少していく脳の神経細胞を新生する働きがあります。

 

プラズマローゲンがパーキンソン病にも効果が期待できるのは、これらの効用が認知症だけでない、様々な脳機能障害を改善できることにつながるからです。

 

パーキンソン病の直接的な原因はまだわかっていませんが、中脳のドーパミン性神経細胞の変性などが関連しているのではないかと指摘されています。

 

一方で、プラズマローゲンサプリメントは神経細胞の変性を防ぐ働きをします。

 

プラズマローゲンがパーキンソン病の直接的な予防にはならないとしても、摂取することで脳疾患全体の予防や改善効果がある可能性があります。

 

プラズマローゲンサプリには副作用はないので、パーキンソン病の人は一度、かりつけの医者と相談して服用してみる価値はありそうです。

 

 

TOPページ:プラズマローゲンサプリメントの口コミと効果について