若年性認知症

若年性認知症

若年性認知症とは、文字通りまだ若い年齢で発症する認知症のことで、具体的には65歳未満の認知症のことを言います。

 

厚生労働省の調査によると、18歳〜65歳の若年性認知症患者は10万人中47.6人で総数は3万7800人にもなります。

 

若年性認知症については、永作博美さん、緒形直人さん出演の「Pure Soul 君が僕を忘れても」や豊川悦司さん出演「ビューティフルレイン」などテレビドラマ化されたりもしているので、なんとなく知っているという方も多いと思います。

 

若年性認知症が起こる原因は、脳血管性認知症が40%、アルツハイマー病25%、頭部外傷後遺症8%、前頭側頭型認知症、アルコール性認知症、レビー小型認知症と続きます。

 

脳血管性認知症の場合、脳梗塞や脳出血、脳動脈硬化などの脳の血管障害が原因になりますが、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣がきっかけになることが多いと言われています。

 

アルツハイマー病の場合、「βアミロイド」や「タウ」という異常なたんぱく質が脳内に溜まって情報を伝える神経回路に悪影響を及ぼし、脳細胞が死滅することで脳が委縮することが原因であると言われています。

 

若年性認知症の予防には、食生活の見直し、運動の見直し、生活習慣の見直しなどが必要になります。

 

認知症を予防するプラズマローゲンはこちら>>