認知症保険とは?

認知症の保険

高齢化社会に伴い、認知症が問題になっています。今やがんより多いのが認知症患者で、65歳以上の高齢者の15%を占めています。

 

高齢化が進む中、今後、自分や配偶者、親などが患う可能性は否めません。家族の誰かが認知症になった場合、特定の保険商品はありません。

 

そうした中、認知症の強い味方になってくれる一時金がでる認知症保険が登場しました。日本初の保険として、認知症保険はまもなく発売される予定です。

 

日本には予備軍も含めると、認知症患者は800万人いて、これからも少子高齢化が進むので、必然的に認知症患者の数も増加するでしょう。

 

ここまで来るともはや他人事では済まされません。認知症保険というのは、認知症になると給付金が出るという保険です。加入者が認知症の診断を受け、一定期間同じ症状が続くと、家族が一時金を受け取れる仕組みになっています。

 

家族が認知症になると介護が大変で、何より、お金がかかります。認知症患者を抱える家族は、年間382万円も損しているというデータがあります。

 

これだけの金額を損失するとなると負担はかなり大きいです。認知症保険を販売するのは太陽生命で、もし利益が出れば、他の生命保険会社も追随してくる可能性があります。認知症保険は、転ばぬ先の杖となる役割を果たすかもしれません。

 

認知症を予防するプラズマローゲンはこちら>>