ココナッツオイルの認知症改善効果とは?

ココナッツオイル

プラズマローゲンは藤野氏の研究によって認知症の改善に効果をもたらしてくれる働きがあることがわかりましたが、今「ココナッツオイル」も認知症の改善に効果的だと注目され始めています。

 

ココナッツイルと言えば健康や美容にもいい!と若い世代にも注目されている成分ですよね。そんなココナッツオイルの認知症への効果は「世界不思議発見」や「とくダネ」などのTVで取り上げられました。

 

ではなぜココナッツオイルが認知症に効果的とも言われるようになったのでしょうか?その理由を探ってみました。

ココナッツオイルが認知症に効果的な理由

アルツハイマー

本来、ヒトの脳はブドウ糖をエネルギーにして活動していますが、認知症患者は脳の神経細胞が変化していて、ブドウ糖がうまく脳内に行き渡ることができません。

 

また、アルツハイマーになると脳内でインスリンの働きが悪化し、ブドウ糖が行き渡らないためエネルギー不足になった脳細胞が死滅していくとも言われています。

 

認知症とブトウ糖には深い関係があり、ブドウ糖が不足している脳はうまく使うことができず、認知症の症状となって私生活に支障を及ぼすと言えるんですね。

 

この脳内エネルギーがうまく行き渡らない障害を解決してくれるのがココナッツオイルです。

 

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を含んでおり、この中鎖脂肪酸から「ケトン体」が作られ、このケトン体がブドウ糖の変わりに脳エネルギーとして働いてくれるというのです。

 

死滅した脳細胞にケトン体は届きませんが、生き残っている脳細胞にエネルギー源としてケトン体が運ばれることで脳細胞の破壊を食い止めることができます。

 

ただし、全員がココナッツオイルを飲んで認知症の症状が改善されるかというとそういうわけではなく、まだココナッツオイルの認知症への効果は研究段階です。

 

またココナッツオイルは独特な味がするので、味の好みも出てくるでしょう。苦手なヒトには食べ続けるのが苦になる味とも言えます。

 

またココナッツオイルで認知症を改善しようと思うと糖質制限が必要になるためご飯やパンなどの炭水化物の摂取を制限しなくてはいけません。

 

プラズマローゲンサプリメント

一方、プラズマローゲンは自らが身代わりになって脳疲労の原因となる酸化を防ぎ、老廃物の蓄積を減少させる効果があります。

 

プラズマローゲンを半年間摂取し続けた臨床結果では5割が改善、5割が現状維持の結果が得ています。つまり、プラズマローゲンを補えばアルツハイマー型認知症の予防・改善が期待できるのです。

 

ココナッツオイルとプラズマローゲンの違いは今の症状を改善する効果があるか、ないかの違いとも言えます。

 

医師

より積極的な認知症の改善を目的に飲みたいのであれば、やはりプラズマローゲンサプリメントのほうがオススメです。