認知症は治らないの?

認知症 治らない?

認知症には症状が改善して完治するタイプのものと、治らず徐々に症状が進行していく認知症タイプが存在します。

 

治るタイプの認知症は脳自体の変性を伴わないケースです。「続発性水頭症」などが代表例として当てはまります。

 

続発性とは何かの症状が引き金となって、引き続いて起こる症状を指します。この場合、もともとの原因となっている病気を治療すれば認知症と疑われた症状も改善することができます。

 

治療によっても治らないタイプの認知症は脳の変性を伴うケースです。

 

アルツハイマー型認知症や脳血管認知症と診断されたら認知症についての理解を深め、家族でケアしていく必要があります。

 

いつかは治るだろう、進行するといってもうちは大丈夫だろうと楽観的に捉えていると周りの家族が認知症患者の症状に振り回されたり、生活が一変してしまうこともあります。

 

大切なことは認知症と診断された場合何をすればよいのか、どんなことがこれからの待っているのかをあらかじめ把握しておくことです。

 

ただし、完治しない認知症であっても、生活習慣やサプリメントの服用によっては症状の進行を抑えたり、緩やかにすることも可能です。

 

認知症になりたくないといったストレスが逆に認知症になりやくするなるケースもあるため常日頃からストレスを抱えることはNGです。
それなら認知症にならないための予防法を取り入れ、毎日をストレスフリーで笑って過ごしたほうが認知症予防になります。

 

自分が認知症になりたくない場合や、家族が認知症と診断されこのまま症状が進行していくのを見ていることしかできないのが辛い時は、プラズマローゲン等のサプリの服用で症状の進行を和らげ今後の生活のQOLを改善を図るのも理想的な判断と言えるでしょう。