認知症予防効果も期待できるフェルラ酸とは

フェルラ酸

プラズマローゲン同様、認知症予防に期待されている成分がフェルラ酸です。

 

フェルラ酸はポリフェノールの一種で植物の細胞壁に含まれています。

 

ポリフェノールの一種と聞けばピン!とくる方もいらっしゃると思いますが、フェルラ酸は抗酸化作用が強く、この抗酸化作用が軽度のアルツハイマーを予防するとして認知症への効果が着目されています。

フェルラ酸の認知症予防効果

フェルラ酸

フェルラ酸には「脳神経保護作用」があることがラットの実験で判明しました。

 

認知症はアミロイドベーターが蓄積され、このアミロイドベーターが神経細胞に悪影響を及ぼすことでアルツハイマー病が発症します。

 

フェルラ酸にはこのアミロイドベータの蓄積を予防する働きがあり、さらに脳細胞のダメージを修復し、細胞が死んでしまうのを防ぐ働きがあることがわかりました。

フェルラ酸は普段の食事からでは摂取が難しい

フェルラ酸 米ぬか

フェルラ酸の原料は米ぬかです。

 

そのため、精米の技術が進んだ現代の日本人の食事では十分な量を摂取するのは難しいと言われています。

 

そのためフェルラ酸を効率よく摂取するためにサプリメント等も販売されていますが、アルツハイマーの進行を抑制するのは米ぬかから精製した良質なものだけです。

 

悪質なサプリメントではせっかく飲んでもあまり効果を期待できない可能性もあるので、でしっかりとフェルラ酸が配合されているものを選ぶ必要があります。

プラズマローゲンサプリとフェルラ酸サプリはどちらが良い?

フェルラ酸 プラズマローゲン

プラズマローゲンとフェルラ酸ならどちらのほうがより認知症予防に効果的?と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

フェルラ酸とプラズマローゲンの働きは似ているようですが、その効果には差があります。

 

フェルラ酸は軽度に認知症予防に効果が期待できるサプリメントで、すでに認知症を発症している方にはプラズマローゲンのほうがより効果的です。

 

※プラズマローゲンを投与することでマウスの神経細胞が新生することが臨床試験において確認されています。

 

プラズマローゲンは大学や病院によって研究がなされ、予防以外にもダメージを負った脳細胞の修復にも関与すると藤野武彦氏に基づく臨床試験において確認されてます。

 

すでにダメージを受けた脳神経細胞の修復にも関わってくるプラズマローゲンは認知症患者がいる介護施設においても飲まれています。

 

そのため、プラズマローゲンはより重度の認知症患者にも対応したサプリメントと言えるでしょう。