家族が認知症になってしまったら?

老人夫婦

家族が認知症になってしまうというのは、どの家庭にも起こりうることです。

 

認知症になった家族に対する接し方は、今までとは異なるで、どのように認知症に対応したら良いのかをあらかじめ知っておくと良いでしょう。

 

まずは、基本的には信頼関係を築くことが大切になります。認知症患者は、以前のように上手くできないと感じていますが、恥ずかしかったり遠慮があってなかなか言い出すことができません。

 

助けてほしいと思っていてもなかなか口に出せないことも多いので、さりげない気遣いや手助けをすることが大切になります。

 

辛い老人

助けてほしいのに言えない、気が付いてもらえないということを繰り返したり、失敗を家族から怒られたりすることが続くと、ジレンマや強いストレスで精神的に不安定になります。

 

怒りっぽくなったり、夜に落ち着きが無くなったり、幻覚や幻聴、妄想などが現れる為、ストレスが無いように対応するのが大切です。

 

信頼関係が築けていれば、頼られて様々な要求をされたりきついことを言われることもあります。なので、家族がストレスを感じた時には、よく話し合い強力し合う事が必要になってきます。

 

怒鳴ったり怒ったりを繰り返していると、「すぐに怒る怖い人」という印象だけが強く残ってしまうので本人のペースに合わせてあげて、笑顔で接するということが大切です。

 

 

認知症を予防するプラズマローゲンサプリはこちら>>