認知症を予防する方法

認知症の予防法

認知症を予防する方法は、テレビや雑誌、本などでもよく取り上げられていますよね。

 

認知症の中で患者数が多いアルツハイマー型と脳血管性認知症の両方で高血圧や糖尿病などの生活習慣病が発症のリスクを高めるということが分かっています。

 

アルツハイマー型認知症は、認知症患者のおよそ半数、脳血管性認知症は20%にもなるため、多くの場合、生活習慣に気を配ることで認知症のリスクを最小限にすることができます。

 

具体的には、規則正しい食生活、睡眠、適度な運動などを行って健康な体を維持することができれば、脳も健康な状態を保つことができるということです。

 

認知症を予防する食生活

食習慣においては、野菜・果物、魚(DHA・EPA)、ポリフェノールの摂取などが有効だと言われています。

 

油っこいものや甘いものなどに偏らずに和食中心の食べ物を1日3食、よく咀嚼して腹八分目食べることがお勧めです。

 

またカレーも認知症予防によいといわれています。というのもインド人は認知症を発症する割合が少なく、カレーに含まれているウコンのクルクミンがアルツハイマー病予防に効果的に働くことが判明したのです。

認知症を予防する運動

健康的な夫婦

運動においては、ウォーキングなど自分のペースで週に3日以上有酸素運動をするののが最適です。

 

休日の日は外に出て散歩がてら運動をすると健康のためにも、認知症のためにも効果的です。

認知症を予防する生活スタイル

また脳を活性化させるために人とコミュニケーションを取るのも大切なので、人とよくおつきあいをしたり、夫婦や家族で会話を持つことも大切です。

 

文章の読み書き、簡単なゲームをする、博物館に行くなどの知的行動習慣もよいでしょう。

 

睡眠時間は規則正しく、30分以内の昼寝や起床後2時間以内に太陽の光を浴びることも認知症予防には効果的です。

 

どれも私生活のなかで実行できるものばかりですよね。ちょっとした心がけで認知症を予防する事ができるので是非取り込んでみてください。

 

認知症を予防するプラズマローゲンはこちら>>