プラズマローゲンが発達障害(自閉症)を改善する?

自閉症とは

自閉症とは社会性と対人関係の障害、言語やコミュニケーションの発達の遅れ、興味を示す範囲・行動の偏りの3つの特徴が見られる先天的な発達障害とされています。

 

3歳くらいまでにこれらの症状が見られます。

自閉症の原因

自閉症は脳の構造または機能の異常とされ、家族に自閉症の方がいる場合は子供も自閉症になる確率がわずかにあがると言われています。

 

現在では遺伝によって自閉症になる確率よりも、妊娠中の飲酒や禁酒、ストレスなど、赤ちゃんが置かれている状況によって自閉症になる確率が上がるという説もあります。

 

ただはっきりとした自閉症の原因は解明されていません。今なお原因解明の研究が続けられています。

 

実際に発達障害の子供を育てるご両親が感じるのは自閉症のような発達障害を抱える子は他の人と比べて脳疲労を抱えやすい要素を持っているのではということ。

 

子供が発達障害の場合自分を責めるご両親もいらっしゃいますが、親のせいではありません。もちろん本人が悪いわけでもありません。発達障害になりやすい素質を持っていた。ということだけです。

プラズマローゲンの自閉症改善効果

プラズマローゲンの研究をしている藤野氏は、自閉症は脳疲労も深く影響していると考えています。

 

自閉症に見られる特有の行動が脳疲労による神経伝達物質の機能不全だとしたら、自閉症の症状は認知症の原因に似通っていると考えるのはおかしくはありません。

 

すると、認知症の予防、改善にも期待できるプラズマローゲンは自閉症にも効果が期待できるとも言えなくもありません。

 

プラズマローゲンは脳疲労から守り、神経伝達物質の働きを正常にさせる働きがあります。

 

神経伝達物質の機能改善を改善することで自閉症の改善効果が期待できると言えそうです。