プラズマローゲンは睡眠障害に役立つのか

睡眠障害

認知症の症状の一つに睡眠の質が下がり、夜中に起きてしまう睡眠障害が挙げられます。夜の徘徊は事故につながり、介護の面からしても重い負担がのしかかります。

 

もともと認知症発症患者に多い「アミロイドβ」は、起きている間に蓄積されていきますが、睡眠がしっかりと取れていればこのアミロイドβが排出されるので認知症になりにくくなります。

 

認知症の方の睡眠障害を改善する方法として

 

日中の活動量を増やす

狂ってしまった体内時計を治すために日光を浴びる

 

といった方法が挙げられますが、その他に注目されているのがプラズマローゲンです。

 

プラズマローゲンには質の良い眠り夜中に目が覚めてしまうのを防ぐ効果があり、摂取すると睡眠を長く持続させる効果があるとされています。

 

つまり、プラズマローゲンを飲んで睡眠の質を上げれば認知症を発症させる原因となるアミロイドβの蓄積を予防することができるのです。

 

もともとプラズマローゲンは私たちの体内に存在しているものなので飲んでも問題がなく、摂取することで認知症予防、認知症の進行を食い止める働きをしてくれます。

 

認知症になり介護施設にお金を払うよりも、こういった予防にお金をかけたほうがトータルで支払う金額安く済むものです。

 

認知症の睡眠障害改善、認知症予防にプラズマローゲンの効果が期待できると言えそうです。

 

TOPページ:プラズマローゲンサプリメントの口コミと効果について